【新型スズキ・ソリオ&ソリオ バンディット】後席快適、荷室拡大!コンパクトハイトワゴンの元祖がフルチェンジでさらに使いやすくなった|ミニバン・ワンボックス|Motor

バンディット ソリオ

先代にあった通常のハイブリッドモデルは今回のフルモデルチェンジに伴って廃止された。

13
スズキ・ソリオ バンディットのカラーラインナップ. 価格も安くて維持費も安い軽自動車の人気ランキングはこちら 取り回しがよく街乗りに便利なコンパクトな自動車のランキングはこちら 軽自動車を始めとする大手メーカースズキのまとめ記事はこちら. インテリアでは、ブラック基調にまとめたインパネやドアトリム、ストライプ柄の専用シート表皮を採用。 4WD全車に「デュアルジェットエンジン」を搭載し、全車をエコカー減税の対象車とした。

【新型スズキ・ソリオ&ソリオ バンディット】後席快適、荷室拡大!コンパクトハイトワゴンの元祖がフルチェンジでさらに使いやすくなった|ミニバン・ワンボックス|Motor

バンディット ソリオ

スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」が5年ぶりに一新し、4代目へと生まれ変わった。 「 車内に入るとビックリするくらい広い」「気の利いた小物入れが嬉しい 」 「視界も広く運転しやすい」「小回りがよく効くので駐車も楽」「加速感も十分すぎるほど」 「乗り心地がしっとりマイルド」「マイルドハイブリッドってプリウスより実燃費いいんじゃないか?」 「理想的なアイドリングストップ機能。

また、運転席前方のダッシュボード上に運転に必要な情報を見やすく表示するカラーヘッドアップディスプレイをスズキの小型車で初採用する。

スズキ コンパクト ハイトワゴン 新型「ソリオ/ソリオ バンディット」デビュー(Auto Prove)

バンディット ソリオ

ソリオバンディットとソリオのサイズ 全長:3,710mm 全幅:1,625mm 全高:1,745mm 室内長さ:2,515mm 室内幅:1,420mm 室内高さ:1,360mm ボディサイズは一般的なのコンパクトカーよりもかなり全幅が抑えられています。 全長を70mm延長し、荷室床面長を100mm拡大したことで、大きな荷室と広く使える室内空間の両立を実現。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。

10
現在の最新モデル(4代目)はどちらも2015年に登場したものです。 その新しいプラットフォームに合わせてサスペンションを最適化し、フロント・リヤのストロークを拡大することで安定した乗り心地を実現しています。

ソリオとソリオバンディットの違いとは?比較と燃費や口コミ評価まで紹介

バンディット ソリオ

Photo:全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車 ボディーカラーはスピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ(C7R) ボディーはCOMPACTに、スペースはBIGに。 コロナ禍の販売低迷を打破する 代表取締役社長 鈴木俊宏氏は、「コロナ禍により、今年度の4月から9月の登録車販売台数は4万7000台と厳しい状況ではありますが、この新型ソリオで挽回し、2020年度も年間10万台以上の登録車販売を目指したい。 トランスミッションはCVTを組み合わせ、駆動は2WD/4WDを用意。

15
2段構えのヘッドライトは先代から踏襲。 ハーテクトは、フルモデルチェンジしている「アルト」や「ワゴンR」、「スイフト」などにも採用。

スズキ、小型乗用車・新型「ソリオ」「ソリオ バンディット」を発売(2020年12月1日)|BIGLOBEニュース

バンディット ソリオ

車体サイズの拡大を活かしたダイナミックで伸びやかなスタイリングを実現している。 エンジンを含め、こちらも基本はキャリーオーバーとなる。

13
ラインナップには引き続きベースとなる「ソリオ」とカスタムモデル「ソリオバンディット」が設定され、先進技術「スズキセーフティーサポート」には新しく全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを採用。 ソリオ バンディットは、以前にもましてグリルの押し出し感が強くなっている。

スズキ ソリオ バンディット 試乗記・新型情報 2020

バンディット ソリオ

初代ソリオは、ワゴンRの拡幅版を起源とし、コンパクトハイトワゴンというカテゴリーを創出。 バンディットと比べると10万円以上安く購入できるようです。 パナソニック オートモーティブの小型コンバイナタイプHUD(Head Up Display)が、スズキの小型乗用車、新型「ソリオ」「ソリオバンディット」(2020年12月4日発売)に搭載された。

7
主にファミリー層ユーザーから挙げられた、「後席を快適に」「荷室を大きくしてほしい」「安全装備を充実してほしい」などの声に応えるため、商品コンセプトを「コンパクトハイトワゴン市場の開拓者として、お客様のニーズに応え、高い安全性を有する新型ソリオ」に決定。 拡大された室内寸法(写真:スズキ) さらに、3代目に引き続き、ISG(モーター機能付き発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた独自のマイルドハイブリッドシステム搭載グレードを設定。