「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

かんぽ 西日本 新聞

出典 [ ]• 2011年(平成23年) - 茨城支店を移転。 というのも、かんぽ生命にる営業手当のルール上、新契約と同時に旧契約の解約を行えば「乗り換え」扱いとなり、営業手当が減ってしまうこと、そして保険の新規加入ノルマへの貢献度が低くなることからも、社員の間では乗り換えはあまり好まれないためです。

誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。 日本郵政グループは31日、かんぽ生命と日本郵便が不適切に販売した疑いのある過去5年分の13万7千件の契約について、実態調査すると発表した。

かんぽ生命保険

かんぽ 西日本 新聞

- 新フリープラン(短期払込型)の新設と、既存の保険商品の加入上限年齢の引き上げ。

8
直営店 直営店としては、の受持区域(エリア)ごとに、旧支社に替わるものとして『「統括支店」1店舗と「その他の支店」 数店舗』という単位をつくり、計81店舗が設置された。 は1,233,371件、総資産3兆5226億円となっていた(旧を除く)。

「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

かんぽ 西日本 新聞

- かんぽ生命初の新商品である新入院特約「その日から」を発売開始。 合わせて、株式会社社長の、販売代理店であるの社長であるが退任している。

8
改正法では以前「2017年9月30日までに株式を処分する」と明記されていたものから「(期限を設けず) 経営状況とユニバーサルサービス確保への影響を勘案しながら早期売却を目指す」とした努力目標に改められた、という経緯もあった。

NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

かんぽ 西日本 新聞

2018年(平成30年) - 山形支店を移転。 新トータルプランふうふ(に廃止) 歳満期養老保険 [ ] 契約時に、任意で満期となる契約期間(10年~最長30年)を選択できるもの(2010年4月以降は最長50年)• おまけに、利用するには、住所地を受け持つ「渉外社員配置局」なる店舗への(事前の)問い合わせが必要だと言う。 - 株式会社かんぽが民営化準備会社として設立。

nui-icon--icon-paperviewer-paper-spread,. のかんぽ生命保険直営店はではなく集配規模佐賀県一のと併設している。 nui-icon--icon-paperviewer-print-sub,. 過剰なノルマが、むしろイメージと今後の利益を下げるということか明るみになったニュースにより、今後、クリーンな働き方ができるきっかけになる、そうしたとらえ方もできるのではないでしょうか。

「かんぽ生命保険」のニュース一覧: 日本経済新聞

かんぽ 西日本 新聞

放送政策に関わる複数の自民党国会議員は「NHKの改革の経過をよく分かっている森下さんの委員長続投の方向だ」と話した。 2019年7月10日の時点で、少なくとも10万件の不正契約が見つかっている。

1
- 商品の見直しにより、一部保険商品・特約を廃止。 - 上場後初のを開催。

西日本新聞|かんぽ保険料、二重払い2.2万件 の読者コメント

かんぽ 西日本 新聞

nui-aspect-container--4-3 img,. 真海喬生、内藤尚志 2015年11月4日. 今後人 口減少などにより、保険業界も苦戦を強いられることは目に見えていますが、今回のニュースは、そんな中でも目先の利益に囚われると大きな損失になることをよく表していると思います。

18
と違い、かんぽ生命の直営店には窓口がない。 あな特では読者からの疑問や悩み事を西日本新聞の記者が調査し、取材を通して判明した事実や経緯を企業や行政にぶつけ、読者の要望に応える「調査報道」を目指している。

かんぽ不正13万7千件調査へ 郵政社長ら、辞任は否定 [かんぽ不正]:朝日新聞デジタル

かんぽ 西日本 新聞

さらに、これらとは別に顧客が半年以上にわたり新旧契約の保険料を二重に支払っていた事例が約22,000件あることも判明した。 2013年(平成25年)• (郵政管理・支援機構) - 旧日本郵政公社から郵便貯金、簡易保険の政府保証を継承する• 三島支店の設置。

2014年(平成26年) - 帯広支店及び千葉支店を移転。 件数は2014年4月~2019年3月の間に契約したうちの件数。

あなたの特命取材班

かんぽ 西日本 新聞

不正販売をしている者もいる」との投書があった。 なお、直営店については会社発足以降、次のとおり統廃合もしくは設置、移転、改称を行っている。

5
商品名の後の括弧書きは正式名称。 10月からかんぽ生命企業キャラクター「かんぽくん」を制定した。