ノストラダムスの大予言が言ってた恐怖の大王って、まさか、新型コロナウイルスだ...

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

また新たなウイルスが出現するとは思わないが、今年のことを考えると、社会が大袈裟に反応するだろうことは想像に難くない. もくじ• 第6巻98番には確かに悪疫と訳せる語も登場している。

ジンギス・カンのモンゴル帝国建国 1206年 は351年前• この作品の中になんと「武漢400」というウイルスが出てくるんです。

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

まずは気になるウイルスの状況は、「コロナにまつわるパニックと規制は、2022年まで終息しない」と予言する。 だがもうすぐ2020年も終わる。 1999. ご興味がある方は、ぜひ過去記事をチェックしていただきたい。

18
他にも森林火災や大規模暴動、バッタの大群の襲来、アメリカ大統領選の混乱など、さながらの事象が畳みかけるように人類に降りかかってきた。 そして、環境問題、核兵器、彗星など、「恐怖の大王」の候補とされている各説について検証を行っている。

聖徳太子2020年の予言は「新型コロナウイルス」だった! 首都は東北に移転か…秋山眞人氏の予言解釈が大的中!

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

まとめ 東京オリンピックが新型コロナウイルスの影響で 中止になる可能性があるのかを調べました。

トランプの重要政策の一つは、「移民問題」ですからね。 ババ・ヴァンガの残した2020年の予言にも、今回の騒動を示唆しているような文章があるのだ。

東京オリンピックはコロナで中止?松原照子が2013年に予言に当たりそうの声!

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

つまり「2019年の冬から武漢で疫病が発生し、天地がひっくり返るような災害となり、大勢が死ぬ」と解釈できる。 無論、実現しないことを願っている。

18
オカルト評論家の山口敏太郎氏はこう語る。

コロナ流行はノストラダムスの大予言?陰謀?感染源やルートは?|マシュとマロのふたりごと

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

いくつかとても恐ろしいビジョンを得た。 なるほど、そうなると確かに「恐怖の大王」の意味が成り立ちます。

3
飛鳥時代の政治家である聖徳太子は、あのイエス・キリストと類似点が多いことでも知られ、数々の奇跡を起こしたといわれる超人である。 そのうち、疫病との結びつきで出ている(と解釈できる)のは、11巻91番のみだが、文脈に全然合っていないうえ、そもそも本物かどうかわからない詩である。

【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

より大きな災害は、今年12月20日から来年3月31日まで続くといい、新型コロナウイルスよりも深刻になるといいます。 この『ノストラダムスの大予言』ベストセラーになりまして、翌年には映画化までされました。

2
だがもうすぐ2020年も終わる。 彼が得たビジョンによるなら、来年も暗い年になりそうな雰囲気だ。

2021年はどうなる?星占術師、予知能力者・ノストラダムスによる予言 (2020年12月3日)

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

かなり含みを持たせています。 過去には、新型のコロナウイルスによるSARS(重症急性呼吸器症候群)の集団発生で、 中国南部で350人近い死者が出た2003年には 中国で開催される予定だった女子ワールドカップがアメリカで開催されています。 「結局、最後はメンタルマネジメントが大切で、栄養と睡眠をたっぷり取り、個人個人が免疫力を高めていけば、おのずと未来が開けるということでしょう。

16
まずは、個人でできることから始めてみることが大切なようだ。 『』海竜社、2011年• さらに、ノストラダムスの死から2年後の1568年に、8巻~10巻が追加される形で世に出され、「百詩篇」として完成しました。

実は的中していた!?2000年以降の「ノストラダムスの大予言」

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

一方で、記述が抽象的すぎるため、予言の内容を事前に解釈するのはほぼ不可能です。

ディーン・クーンツというベストセラー作家で、スティーブン・キングと並び称されることもある人です。 画像は「」より引用 あの大預言者ノストラダムスが「 新型コロナウイルスを 予言していた」と海外でニュースになっていた。

コロナの預言者まとめ!アキラ、イルミナティカード、松原、ノストラダムス・・・

の 大 予言 コロナ ノストラダムス

「九冬」とは中国の暦で冬至から81日間のことで、12月22日から3月12日あたりを指す。

過去の事件や災害をあたかも「予言」の如く四行詩としてまとめたとする説。